新規事業のすすめ

2018年マーケティングトレンドキーワード

来年は平成から新しい年号に。
今年もいろいろありましたね。
メディアでは、仮想通貨、AI、ロボット、ブロックチェーンなどなど。
人不足等により社会には課題がもりだくさん。
そんななか、モノを売るというマーケティングの動向に5つの浸透してきた特徴があったように思えるんです。
もう2018年が終わりに向かっているなかですが、思い返してみようと思います。
年明けには、今年チラチラ見えてきた今後のマーケティングの予測もしようかな。

1.コト売り
店に来ても見るだけで、あとで家に帰って値段を比べてネットで購入というお店泣かせの状況が続いています。そんな状況を打開するべく、モノを直接アピールするのではなくイベントを絡めて機会を作ることで来場を促し関係構築そしてモノの購入につなげるという動きが活発になったように思えます。数年前から始めているお店や企業もありましたが、商店街などで〇〇塾や〇〇教室といったような店長から豆知識を学ぶような取り組みなど、コト売りが広がった年だったと思います。マルシェもその一つの取組かなと。本来だったら蜂蜜を検索して購入しないのに、マルシェに来て作りての話を聞いているうちに購入してしまうなんてことも。

2.ストーリー
伝統工芸品や農産物で誰がこれを作ったかその経緯や思いなど、生まれてできるまでのストーリーをポップや広告で伝えるのがメジャー化した気がします。商品の傾向としてデザインや〇〇専用といった効果や機能がシンプルになってきていることから、その成り立ちで差別化やブランディングをしてきています。また、その商品ができるまでだけではなく、例えばバルミューダーのトースターは、トースターが焼き上がる際の音や光の演出で、焼き上がるまでのストーリーを演出しています。

3.極端・本物
極端にこだわりのモノが売れてましたね。ハンバーガーと言えばマック派モス派(世代バレるかな笑)でいうモスを超える高額なバーガーが普通に食べられてましたね。ぼくもバーガーを食べ歩いた一人です。極端なこだわりのものに消費者は走りました。それはインスタグラムの影響もあるかと思いますが、食べる場所の雰囲気など本物を体感したいという現れだったと思います。本物をインスタグラムにアップしないと自身の信用が下がりますので、信用というのもひとつのキーワードかもしれませんね。

4.大義
何のためにしているのかっと問われる年だった気がします。社会に課題が多いなかで自分たちが何の役に立つものなのかって。特に人材が少ないなかで、業界のムリムラムダを省くようなイノベーションが多く出てきました。例えば物流倉庫はロボット化して人材がいなくてもできるようになんて動きも。倉庫ができた地元公共団体からすれば雇用を産まないという意見もありますが、どちらが大義がありますかね。

5.フィット
購入から利用へというながれのなかで、無駄にお金を使わずこだわるところにお金を使うようになっており、そんななかでオーダーメイドやカスタマイズ商品が浸透してきました。以前は製造側が高級品として売れるというような値付けで行っていたものが、システマチックにできるようになりコストダウンが図れ、消費者が手に入りやすいようになりました。シャツのオーダーメイドも昔は3〜4万したのも、今では1万以内でできるものも。競争とはすごいものです。この1,2年でここまでコストダウンされると先行して出した会社もシェアを維持するのも大変ですね。

先日異業種交流会で公演させていただいた時と言葉尻が少し異なりますが、こんな感じかなと。
来年新規事業を考えている方や事業を発展的にするには、この大前提を抑えたうえで、次の視点に立って考えていただく必要がありますね。

関連記事

  1. 成り行きにしない「新規事業開発プロセス〜目標・目的の共有」
  2. 伝え方の転換期到来!?コカコーラーメルマガ終了
  3. 漫画one pieceの作者のようなストーリーテラーになる
  4. 消費市場の転換期突入!企業創生へ
  5. 5つの競争要因「Five Force」で参入アイディアを考える
  6. 新規事業、やはり人。担当者は熱意のある方に!体制づくりが大事!
  7. 新規事業を考える際に、まずは整理整頓
  8. 新規事業アイディアは、感性と論理の間(はざま)に

Style Plus Instagram

PAGE TOP