お知らせ

『わしのねり』プロジェクト

生産不足の手漉き和紙の原料“ねり”をみんなで育てて!
和紙職人の生まれ故郷「小川町和紙体験学習センター」から和紙を世界へ

本プロジェクトは、弊社が運営する「企画屋かざあな」にとって大きな挑戦となりますが、トロロアオイ生産組合、紙漉き職人さん、小川町役場、水上製本所、企画屋かざあなオンラインサロンメンバーをはじめ、たくさんの方々に支えていただきスタートを切ることができました。

本プロジェクトでは、生産不足となっている手漉き和紙に不可欠な原料“ねり”を家庭で育て、埼玉県比企郡小川町の紙漉き職人さんと一緒に小川町和紙体験学習センターを活用して、世界に向けて和紙商品を開発いたします。一般家庭と原料生産農家、紙漉き職人が一体となって原料不足を克服し、手漉き和紙の存続の一歩につながればと考えています。

本プロジェクトはクラウドファンディングの目標達成関係なく、実施してまいります。

関連記事

  1. 先駆的空き家対策モデル事業「クリエイターのリノベーションによる空…
  2. チビッコ研究学園祭
  3. 女川町復興への暮らしと住まいの情報誌
  4. 鞍手町と近畿大学との包括協定・鞍手町空家等対策に関する連携協定
  5. 中部産業連名A3用紙1枚企画書セミナー
  6. 企画屋かざあなオンラインサロン開設
  7. 取手ゆめみ野PR 雑誌「チルチンびと」タイアップ
  8. 2019年4月5日は、恒例の花見によりお休みいたします。
PAGE TOP